よくわかる太陽光発電☆おすすめ会社6選

太陽光発電を導入するなら

太陽光発電を導入する場合、利用するパネルのメーカーによっても発電効率が大きく違っていることをご存知ですか。もちろん発電効率だけでなく値段も違っているので、どこのメーカーのものを利用しても同じというわけではありません。

だから太陽光発電を導入する際は必ず各社の比較検討をすることが重要になってきます。当サイトではそうした比較検討をする際に知っておきたい情報を色々と掲載しています。だから、ご自身で色々な会社に関する情報を集めて比較検討する必要もございません。

太陽光発電を利用する際はそれぞれのメーカーを比較検討して出来るだけお得に導入できるところを選ぶべきだといえます。また導入後も簡単に交換することはなく、長年使い続けていくものとなっています。ですから、当サイトにある情報を、メーカー選びをする際に役立ててください。

SUNTECH

創業50年、国内で35年のモジュール販売実績を誇り、システム設計に20年以上心血を注いできたSUNTECHは、他の太陽光発電をうたう会社とは異なり、日本国内における太陽光発電販売のパイオニアといえます。

品質管理の高さと技術サポート力の高さは他のメーカーの追随を許さず、業界トップクラスの長期保証を提供しています。家庭用から企業用まで種類を選ばず、自然災害や屋根の漏水などによって発するトラブルへの保証制度も万全です。

製品開発力が高く、企業として施行実績の度合いが高く、今後も多くの企業で設置し、アフターケアなどによって成長していく期待が持てるでしょう。世界規模の生産量を誇る会社としても知られ、今後の太陽光発電設置に期待が持てます。

XSOL

日本の機構や風土に合った多様な太陽電池モジュールを研究・開発しているXSOL(エクソル)では、性能・安全性に関する第三者委員会での認証をはじめとして、数々の認証を取得しています。信頼性の高い太陽光発電を行うとして、人気が高いです。

見た目ではけしてわからない故障であってもプロとして長年経験をつんでいる担当者ならわかる部分ことも少なくありませんため、定期的なアフターケアがおこなわれます。経験をつんだプロならではの丁寧な透明やサポートが受けられるといえるでしょう。

どうやれば安心して太陽光発電ができるのかをはじめ、納得できるまで営業社員が相談に乗り、顧客が納得できる形で導入のサポートを実施しています。電気が使いやすいように最大限の配慮でユーザーをフォローしている会社といえるでしょう。

日本エコシステム

日本エコシステムでは太陽光発電のリーディングカンパニーとして、住宅用やその他でも豊富な実績を重ねてきました。そういう中で、安心安全を保つ上での技術力を活かして、施工において幅広いニーズに応えることができます。

実際に太陽光発電を導入した時に、どのくらいの発電量を賄うことができるのかというシミュレーションを行うことができます。日本エコシステムが詳細に調査した上でシミュレーションを行いますので、実際に利用者にとってふさわしい太陽光システムを提案することが可能です。

日本エコシステムは住宅用の太陽光発電だけを手掛けているというわけではなく、公共系や産業系の大規模な太陽光発電も手掛けていますので、とても信頼性が高い会社です。法人用の依頼についても受け付けるほどの信頼度が高い会社です。

Solar Frontier

Solar Frontierは、太陽光発電の専門会社ですが、住宅の形状に合わせた最適な太陽光パネルの設置を行っています。インターネットから、無料で見積もりが出来るため、幅広い年代の人が申し込みをしています。

太陽光発電の初期費用は決して安くはありませんが、Solar Frontierは地域に密着をしているため、適正な料金を心掛けています。高い技術を持った職人が在籍をしているので、安全性の高い工事を実施しています。

太陽光発電を導入することで、毎月の光熱費を大幅に減らしたり、余った電力を売ることもできます。設置後のアフターサービスも充実しており、一定の保証期間も付いています。

株式会社ウエストホールディングス

株式会社ウエストホールディングスは、住宅用の太陽光発電をはじめ、高圧太陽光発電の開発、そして産業用の低圧太陽光発電などを取り扱っている会社です。特筆すべきはその施工実績であり、住宅用の太陽光発電システムでは実に47,500件を超えています。

休耕地などを活用した高圧太陽光発電におきましても、251か所に達する施工実績を持っています。また、産業用の低圧太陽光発電の施工でも10,000件を超える実績を有しているなど、再生可能エネルギーに明るい会社です。

国内でもトップクラスの施工実績を持っているため、蓄積ノウハウも多く、安心で安全なソリューションを提案してくれるのが強みです。質問などは公式サイトの専用フォームから行えるほか、東京本社や広島本社へは電話による問い合わせも可能となっています。

株式会社アイテム

株式会社アイテムは、省エネで環境に配慮した太陽光発電の会社です。地域に密着をしている専門業者なので、電話で依頼すると迅速で丁寧な応対が特徴です。発電量の多い人気のメーカーの太陽光パネルを取り扱っています。

信頼できるスタッフが在籍をしているので、太陽光パネルを設置した後は定期的なメンテナンスを行っています。定期的に点検をしたり、汚れを取り除くことで、20年以上は長持ちさせることが出来ます。

また、住宅の形状や方角、気候などに応じた太陽光パネルの設置を行っています。オール電化と太陽光発電を導入することで、毎月の光熱費を大幅に減らすことが出来ます。

太陽光発電の問題点と対応策について

太陽光発電システムは、たしかに電気料金がかからないという利点がある販売品ですが、太陽光発電システムそのものが高額という問題があります。当然、電気料金削減や売電により、設置に関する費用をオーバーする収入額を得ることが可能ですが、かなりの初期費用が必要です。 対策法として、ソーラーローンを有効に活用することがあげられます。 太陽光発電にはソーラーローンが存在します。 多くの方はソーラーローンを用いて、初期投資無料で導入します。 毎月の支払に関しても、太陽光発電により手に入れられる電気料金の節減メリットと売電の収入によって支払いができます。ですから、実際のところ毎月の負担なく導入ができます。 当然、ローンの支払いが終了したあとも発電メリットは継続していきます。

太陽光発電についてはランニングコストが不要のメンテナンスフリーと言い表されることもあります。しかしながら、経済産業省は、発電量低下もしくは機器の異常動作がないかをチェックするため、定期点検を推めています。 さらに、パワーコンディショナーについては15年程で差し替える必要があります。 太陽光発電を20年設置し、促す通りに定期点検を行なって、パワーコンディショナーを一回換えると、おおよそ30万円の費用がかかります。 対策として、メンテナンスに対する費用を積み立てることがあげられます。 日常の発電量はモニター等で自分自身で確認できますが、隠れているシステムのトラブルを検知するのに、専門会社に定期点検をお願いした方が安心することができます。 売電収入をわずかばかりメンテナンスに関するコストとしてキープしておくことが重要になります。

太陽光発電については、日射量と比例して発電する量が確定されますので、気象状況が良くないときには発電する量が目に見えて落ち込んでしまいます。 それに加えて、晴れた日が連続していても冬のシーズンについては、日照時間が短いことから、ほかの時期と対比すると発電する量が減少しますので、注意することが大切になります。 対策法としまして、発電する量は一年を通して捉えることが大事になります。 太陽光発電の特有性上、天気模様により発電量が翻弄されてしまうのはどうしようもできません。 しかしながら、一年を通して良くない気象状況が継続していくということはありえません。 一年を通してみれば日射量に関しては、概して均されます。ですから、導入する利点は一年単位で考慮すれば安定的と言えます。